4月19日(日)「HED(Hoiku Expression Discovery)2020」
開催延期のお知らせ

HED2020実行委員会は、4月19日(日)にオンライン生配信を予定しておりました「HED(Hoiku Expression Discovery)2020」の開催を、 新型コロナウィルスの感染拡大の影響に伴い、
当面の間延期することいたしました。
詳しくはこちら

メッセージ

 待機児童問題が大きな社会課題になって20年以上が経ち、令和という新しい時代を迎えた2019年度も国内待機児童数はゼロにはなりませんでした。

 2020年度の待機児童数も厚生労働省より近日発表される予定ですが(昨年は4月に発表)、未だ高い水準で保育の受け皿不足が明らかになると予測されます。

 また、2019年10月、幼児教育無償化の制度化により、さらなる保育へのニーズが高まっています。一方、保育士の離職率は未だ9.3%と高く、潜在保育士が約90万人いるにも関わらず、保育現場は慢性的な保育士不足が続いています。
今後も保育士不足が加速していくことが予測され、保育士が長く働き続けられる環境と処遇を改善することが喫緊の課題となっています。

 2019年5月には、大津で交通事故に巻き込まれるという事故がきっかけで、当時「#保育士さんありがとう」がSNSでトレンド入りした一方、保育士の社会的地位や働き方は十分向上しているとはいえません。

 そこで、全国保育事業者を中心に、保育士・保護者・その他人々それぞれに「全国一斉 保育士に関する意識調査」を実施し、「保育士の専門性」に関する意識のギャップを可視化します。
 アンケート結果は、2020年4月19日(日)「みんなの保育の日」(=フォー・イクの語呂合わせから、一般社団法人・日本記念日協会により「みんなの保育の日」と制定)、「Hoiku Expression Discovery2020(HED2020)」にて記者会見を実施し、現役保育士による保育のプレゼンテーションとあわせ発表します。

開催概要

【HED2020】

イベント
HED(Hoiku Expression Discovery)
日時
2020年4月19日(4(フォー)19(いく)=保育)日曜日 13:00~16:00
配信
オンライン配信を予定
内容

①全国保育士イメージ一斉調査 結果発表記者会見
 (アンケート結果報告 保育士・保育事業者登壇予定)

②HEDプレゼンテーション
(全国事業者より保育者のプレゼン)

参加
無料
放送
Youtubeライブ配信での全国に向けたネット生中継あり、各主要メディア撮影あり
備考
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響に伴い記者会見およびプレゼンテーションはオンラインでの開催を予定しています。メディアの皆様への取材受付については改めて追ってご案内させていただきます。4月までの状況により変更の可能性もございますので、あらかじめご了承ください。実施内容等の変更については、随時こちらのHED2020公式サイトにてご報告いたします。

HED2020実行委員会

共催:社会福祉法人檸檬会、学校法人正和学園、社会福祉法人光彩会、株式会社クオリス、ぬくもりのおうち保育株式会社、社会福祉法人あすみ福祉会、株式会社Kids Smile Project、認定NPO法人フローレンス

事務局:認定NPO法人フローレンス

後援:厚生労働省、内閣府(申請中)